遊びながらビジネスを学べるボードゲーム、制作大詰め。

遊びながらビジネスを学べるボードゲーム、制作大詰め。

ビジネスは楽しい!

ただただその事実を伝えたくて。どうすればこの楽しさを一人でも多くの方に伝えられるのか?それを考えまくった結果、たどり着いたのが「 ビジネスを学べるゲームを作る」こと。

せっかくならみんなでワイワイ実践できるよう、ボードゲームを作ることに決定!アイデアを出し始めたのは2018年の春でした。

ビジネスボードゲームの作り方

そうして始まったビジネスボードゲーム化プロジェクト。まずは市販の印刷用カード(名刺印刷とかの)やノートタイプのキャンパスなどを使って、試作品を作りました。
ビジネスゲーム試作
※実際の試作。ほとんどボツになっていきました…。

試作は思い付きで作ったものを実際にプレイ→あーでもない、こーでもないと意見を言い合う→ゲームに実装→実際にプレイ→・・・の繰り返し。ルールの整合性や、そもそもプレイしていて楽しいか、分かりにくい点はないかなど、どんどん考えることは増えていきます。

特に、 「時間の概念をゲームの中でどう表現するか?」と「プレイして楽しいか?」この2点にはかなり悩まされました。そして何より、 ゲームでどこまでビジネスが学べるのか?ここも、考えだしたらキリがありません。

そこで今回はビジネスって難しそう、自分にはできない…。何をすればいいのか分からない。そんな風に感じてしまっている方が、このゲームをすることで、「楽しそう!」「なんかできそう!」「やってみたい!」と感じてもらえることをゴールに、更にプラスして具体的な目標設定の方法や、ビジネスに役立つ思考法を学べるワークも取り入れることにしました。

そして最近、行き詰まっていたのがデザインです。

デザインは苦手…。本当はやりたくないこと

私はデザインには苦手意識が強いです。簡単な画像を作ることはしますし、自分のWEBサイトのデザインや、これまで通販サイトもいくつか作って来た経験があります。だから、まったくできないわけではありません。

でも、本格的なデザインとなると、私は自分の頭の中のぼんやりとしたイメージを言語化するのがとっても苦手だし、デザインのひとつひとつの意味やデザインの基本スキル、基本知識なんてものは全く持ち合わせていないのです。そうすると、デザイナーさんとはしっかりとディスカッション出来ないのではないか、迷惑かけるのではないかという気持ちが湧き上がってきます。

そして何より厄介なことに、何もできない癖にデザインに対するこだわりが強いのです。気に入らないものは自分のものとして持ちたくない、自分の身の回りに置きたくない、身に着けたくない。昔からそんな風に感じてしまっていたので、余計に手を出しにくいジャンルです。

一番楽なのは、ふんわりと「こんな感じが好きです~!」と伝えるだけでデザインが出来上がってくるのが理想ですが、当然そんなことにはなりません。

そして案の上、今回もゲーム制作のデザイナーさんになかなか自分の思い描いているイメージを伝えられず、試行錯誤を繰り返すことになりました。結局、言葉では伝えきれないので、イメージをそのまま画像化し、「ここはこんな感じにしてほしいです!」と伝えることに。デザイナーさんによっては、嫌な気持ちになる伝え方だったかもしれません。自分が考えたデザインに素人の私が手を入れることになるので。
ゲームデザイン案の元
※こんな感じでパーツや全体のイメージをやっとこさ画像化。

でも、やっぱり自分が納得できる、そして持っていて嬉しいものが作りたい!この気持ちだけは譲れませんでした。

そうして、こんなイメージでと最後にお伝えしたのが、冒頭の画像です。こうしてプレイ中のイメージ画像を作ると、いよいよ仕上げに入った…!!とリアリティが増して嬉しくなってきました。

もしプレイしてくれる人の誰かひとりでも、「このゲームのデザイン、かっこいいです!!」とか言ってくれたら、むちゃくちゃ嬉しいんだろうなー・・・。


石原 佳史子

株式会社クラウドクリエイションズ 代表取締役 他1社の代表取締役、2社の取締役兼務。 ニックネーム:えんまり 経済的な自由と思考の自由自在さを手に入れて、「...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。