プレステのゲームSIREN(サイレン)について VRを考える 他【雲楽士チャンネル第13回】

雲楽士チャンネル第13回 サイレンについて

こんにちは、えんまりこと、石原です。

雲楽士チャンネル第13回目の放送は、
女性ファンにはちょっと申し訳ないような、
なんとも…な内容になってしまいました。

で、でも!

この13回目を乗り越えてくださった方には、
きっと次回、素敵な雲楽士チャンネルをお送りすることが
できるはずなんです!!


まずは大きな覚悟をして、
今回の放送を聞いてください。


音声番組「雲楽士チャンネル第13回」、
雲スタ(雲楽士チャンネルスタッフ)馬場ちゃんからの紹介です。

馬場ちゃん、よろしくお願いしますー!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

馬場ちゃん
こんにちは!
雲チャンスタッフの馬場です。

13回目の雲楽士チャンネルのお届けです。


今回は、SIREN(サイレン)という
プレイステーションのゲームの話から始まります。



『どうあがいても絶望』
ゲームを知らなくても、
このキャッチコピーは聞いたことがあるのではないでしょうか?

そんなゲームの話から始まり、
内容は過激なものに飛び火。

過激…といっても、ホラー的な過激さではないのが、
雲楽士たちの特徴です…。

この雲チャンのご紹介内容、
どこまで書いていいのか分かりませんが、
なんとかピー音処理せずに公開となりました。

なので、安心して(?)聞いてください♪


そんな第13回雲楽士チャンネルはこんな感じ↓

■SIREN(サイレン)
・このゲーム知ってる?10年以上も前のゲームだけど。
・SIRENの特徴、視界ジャック
 …これがVR(バーチャルリアリティ)で出来たら?
・結城さんはSIRENの回し者!?
・ホラーの怖さとは
・『どうあがいても絶望』

■キャッチフレーズについて
・言葉を強力にするテクニックとは?
・石田さんのたとえ話で、えんまりさんが…
・〇〇ビデオは、コピーの勉強の宝庫だ
・性的欲求をビジネスの原動力に!

■VRでよりリアルに
・アレを目撃したら、親は一部始終見ちゃう
・「Vナニー」とセキュリティーの重要性
・結城さんのお姉さんのタイミング
・えんまりさんも一部始終見ちゃう!?
・リアルとVRの2極化の時代が来る!
・VRの危険性、人類間引き政策
・VRが新しい出会いの形に
・雲チャンも残り2回の放送に!?


今回は、結城さんが暴走気味な雲楽士チャンネル。

「もしかしたら、こんな極秘政策が国では行われているかも…」
という放送ギリギリの気になる話題まで飛び出てきました。

それにしても、やっぱりSIREN、気になる!!
ちょっと買ってきますねーー(@^^)/~~~


↓そんな雲楽士チャンネル13回目を聞くには、こちらから。
ぜひ聞いてみてくださいー♪